• フェイスブックバナー
  • ツイッターバナー

ここから本文です。

支援に興味のある方へ

映像教材の文字おこし

文字おこしって具体的に何をするの?

 本学には聴覚しょうがいのある学生がおり、皆さんと同様に講義を受けています。講義で映像を使用する場合、音声情報をすべてききとることが難しいため、字幕入りの映像を使用しています。
 字幕入りの映像の準備が難しい時には、しょうがい学生支援室で字幕付けの作業を行っています。

字幕付け映像の作業のながれ

1.映像教材の文字おこし
2.映像への字幕の挿入
3.完成

字幕付画像

 みなさんには「1.映像教材の文字おこしの作業」を担当していただきます。ビデオテープやDVDの映像をUSBに入れて渡し、決められた期日までに映像教材の文字おこしをしていただく活動です。学内で作業する場合に限り、パソコンや音声認識のシステムを貸し出すことも可能です。パソコンノートテイクや音声認識通訳の練習がてら、いかがでしょうか?
※この活動は「情報保障のボランティア」を行っている学生を対象にお願いしています。